家族の時間

思い出作りの旅(ちょっと早いけど…)

仲良しのお友達一家と、

「行く?」

「行っちゃう?」

みたいな気軽さで、行ってみましたTDL。
(うちはパパ抜きですが…)

ひとっ飛びに行けたらどんなにいいだろう。。。

と思いながらも、予算の都合上、電車を乗り継ぎ乗り継ぎ…5時間あまり。

2両の電車から新幹線に乗り継いだ時には、

ほんと凄いグレードが一気にあがった気がして、

いつになく新幹線が頼もしく見えましたね…

昔の人は夜行列車で東京まで行ってたんだなぁ…

そんなこんなで、午後にはシーにて見物です。

Img_0013

結構疲れるかと思ってましたが(私が…)、
お友達の旦那様と3年生のお兄ちゃんが男を見せてくれてshine
3年生にもなると、男の子はやっぱり頼りになる〜heart01

なにげに私、かなり久々のTDRでして…bleah
前に来た時は、なにせシーがまだありませんでしたから。
パスポートとかあったっけ?
「ビック10」とかいうチケット?で何に乗るか真剣に悩んでたりしてたりしたような…
(そこまで古くないか…?もう記憶すらうろ覚え)

でもお友達はかなりのTDR猛者でして、
先々まで緻密な計算のもとに予定をくんでくれ、
全くのNO PLANな私でも超満喫できたのでしたnotes

1日目は子供たちもさすがに疲れたかなぁ…?
と、思いきや!
Img_0049
ホテルに帰るミッキー電車でも走り回るスミ…

昨日まで熱があったなんて、(確かこの日もあったような…)
微塵も感じさせません。

そんなこんなで2泊3日の旅行でしたが、
なんか、大家族になったような、そんな旅行でした。
お兄ちゃんがカナの世話をしてくれたり、
女の子軍団が3人でキャッキャとじゃれ合ったり。
私の友達は年上ってのもあるけど、その人の人柄がお母さんのようで、
勝手に私が「むつのおかあさん」とこっそり心で思ってる人です。
Img_0100

快く送り出してくれた旦那さまにも感謝ですup
こんどはみんなで行きたいなぁ〜note
Img_0094

| | コメント (0)

少女に何が起こったか…?

夕方の公園にて…

齢4つと2つの少女がたそがれちゃってます…

一体二人に何があったのでしょうか…?

Image10301_2


「おねえちゃん、今日もママ怖かったね…」

「そうだね…
 でも二人力を合わせて、強く生きてこうね…」

「う、うん…」


と勝手にアテレコして遊んでみる。


と、思ったら、

今度は高速回転。


Image10321_3


なんかストレス溜まってるみたいですね…。

| | コメント (30)

童心に帰る場所(後編)

二日目は連休最終日のせいか、昨日とは打って変わって

超ガラガラのスキスキでした。

うーん、ますます絶好調!になるわたし&スミ。

まるで、水を得た魚のようです。

「のっぴい」も並ばずに、スイスイ登れます。

Img200805191
今年の春から新しく「おしごとトレイン」

という色んなお仕事体験遊びが出来るコーナーが出来、

ゆうびんやさんになりきるスミ。

館内にポストがあちこち設置してあり、

そこに(何故か)ゆうびんやさんがお手紙を入れてくる

というお仕事。

ゆうびんやさんのタスキを巻いたちっちゃい子達が、

うろうろポストを探しているところ、

スミがポストを教えてあげたり…

なんか微笑ましかったです。。。

この日は昨日回れなかった、屋外エリアへ進出します!

でも、この日は晴れていたのですがかなりの強風で、

外で遊んでる子はちょこっとしかいません。

Img20080519_11
冷たい風の吹く中、

「風にもマケズ…」

宮沢賢治の精神にのっとって(?)

我らは進むのでした。。。

うーん、けんじワールド!(関係なし)

Img20080519_21
これまた広大な敷地の中に、

水遊び場やら、アスレチックやら、

キャンプ場やら、

超長ーいローラー滑り台やら、

(登るまででかなりバテる…)

あるのですが、

翌々日に筋肉痛になるほど遊びました…
(ちょっと後悔…)


でも、完全無料で、スタッフの人も至る所に配置され、

安全にはとっても気を配ってるし、

とても気さくに話しかけてくれて、大人も子供もとても心地よく

時が過ぎるこんなすばらしい場所に感動を覚えます。


まあ、むつに(というか青森に)出来るのは到底無理でしょうが、

転勤になってもまたいつか来たいな~!

Img20080519_3

それまで、せばろ!

| | コメント (0)

童心に帰る場所(前編)

今更ですが…
こどもの日のできごとをupします。

1年に一度の子供接待デーにふさわしく、「いわてこどもの森」へ
一泊二日で行ってきました。

1日で遊ぶにはもったいないくらいの遊び場であるにもかかわらず、
なんと無料の施設なのです!うーん、親泣かせ!

岩手県立児童館とは言っても、こんな児童館見たことない!ってくらいに
大規模かつ、金の掛け方が半端じゃない…
子育て中の親にとっては、行政もいいお金の使い方するじゃない{ハート}
って思いますが、老人にとってはただの無駄なんだろうなぁ~。


いや、無駄にはしません。しっかり遊ばせてもらいます。
すでにリピーターですわ…

5/5のこどもの日は、むつから3~4時間かけてモタモタ行ったせいで、
すでに昼過ぎをマーク…。
明日も来るから、なーんて余裕こいてたら、駐車場に長蛇の列が!

あっさりパパの判断で路駐します。
路駐の数も半端じゃないが、ちょーどいい具合に一台分空いてる部分に
サックリ停めるあたりが、ナイス!パパ!

で、早速スタンプラリー券を購入(100円)。
広い施設の中に妖怪が隠れていて(結構バレバレですが、何故か子供はスルーする)そこにあるスタンプを集めるとごほうびがもらえます。

さあ行くぞ~とまずは「くらやみトンネル」へ。

Img20080519
色が変わったり、光が駆け抜けたり、

怪しい鳴き声が聞こえたりします。

恐がりのコは泣いちゃったりしますが、

スミはこーゆーのもちろん大好き。

トンネルを抜けるとそびえ立つ「のっぴい」。

Img20080519_1
4歳以上しか入れないので、

去年入れなかったスミは

去年の雪辱を晴らすべく、

パパといざ挑戦です。

長ーい滑り台を「ウキョキョ!」顔で

降りてきたスミは本当に楽しそう♪

こんなカオ見せられたら何度でも

連れてきたいなぁ~と思っちゃうよ!

実際、スミ以上にはしゃいでたのはこの私ですが…。

こういう場に来ると「血が騒ぐ」{炎}とでもいうんでしょうか、

この時の私はスミと精神年齢一緒でしたね。

まあ、保護者はもう一人いるから大丈夫!ってことで。

Img20080519_2

「トイレに落ちた二人」

(後編につづく!)

| | コメント (0)

ファニークリスマス♪

メリクリ♪
いやあギリギリ間に合った…


5




今年はベランダの窓も凍らなくて楽でしたよ…

HO-HO-HO-






6

しかし…妖精ってほんとにいるんだねぇ…

| | コメント (0)

Viva! AtoZ展の巻

私のことを良く知る皆様は、私の奈良好きをご存知かと思いますが、



改めまして、声を大にして言いたい。





やっぱり奈良だいすきだぁーーーー!!!



ああ、スッキリした。スッキリっすー。(@日テレ)



行ってきました。AtoZ展@弘前。(けっこう前ですが)





28
わたしゃ、このときほどむちゅに転勤になっていてヨカッタ!!!と思ったことは

なかったですタイ…。(次藤君?)

(むちゅからも2時間以上かかりますが…)



最後の展覧会(の予定)とのことで、もうこりゃ這ってでも行ぐ!と思ってたのですが、

おめめちゃんを産んで、一ヶ月だし行けるかな…bearing
と弱虫になりかけていたのですが、パパの



「行く?」



の言葉に感謝ですわ。。。

(パパは二回目だけど…)



で、感想ですが、やっぱり行ってヨカッダ!!!
本や雑誌で見ていた絵の女の子たちは、会場で生きていました。

AからZの小屋の中で。もう目をそらせませんでした…。



ほんと、出会えてヨカッタ。

最後の展覧会に間に合ってヨカッタ。



でも、あさってで終わりだなんて悲しすぎる…

またいつか彼女たちに会いたいな…。

| | コメント (0)

ゲレンデデビューの巻

お久しぶりです。
気づいたらあっという間に、前回から一週間以上経過…
Σ(゚д゚lll)ガーン
別に体調を壊していたわけではありません、元気です。
ただ、たいてい夜に更新作業を行っていたのですが、
スミカを寝かせて、そのまま起きれないパターンが最近多くて…

とにかく、無性に眠い!のです。
こんなんで、春が来たら更に眠くなるのかな…
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

で、ハナシは先週末のことなのですが、
久しぶりに家族でお出かけということで、
みんなでむちゅ唯一のスキー場「釜臥山スキー場」へ初めて行ってきました。

スキー場なんて、大学の頃は結構(?)行ってたけど、
25歳くらいで兄といったっきり約5年ぶり!です。

スミカのゲレンデデビューとなるそのスキー場は、
自宅から車でわずか20分!という好立地です。
(近すぎ!)

いかに我らが自然に溢れるところに住んでいるかお分かりかと思います。

21
このスキー場の売りは、

「山なのに海が見えるところ」(笑)

スミカの後ろに見えるのは海です。

実際に見るともっと近くに見えるので、

ゲレンデを滑ってると
『海へ向かって滑っていく』という不思議な感覚が味わえます。

この日は晴れていたので、海の向こうに更に陸地が見えます。

この場所は、ちょうど下北半島を曲がったところなので、

見える陸地も下北半島(横浜町辺り)ですね(多分。)

22で、やっぱりお約束のそり遊び。
やっぱりスキー場は斜面が違う。

かなりスピードが出ます。

「このままそりが止まらなかったら、海まで行っちゃうんじゃないの?」
っていう勢いなので、かなりコワイです。

23
結構小さい子がスキーやボードをやってたりして、

結構かっこいいんですが、

その頃私たちは教えてあげられるかなぁ〜…

とちょっと不安になったりして。。

なにせ、肝心の旦那がしっかり翌日筋肉痛きてましたから…
(私はこなかったぞ。なんでだ?)
むつも連日の暖かさで雪もすっかり溶けてきました。

今シーズンもう一回くらい行けるかな…?

| | コメント (0)